読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビールに恋して。

ビール女子しょうこの心中だらだら垂れ流し。

思い出とビール。

苦しくて苦しくて何百回も忘れようと思ったって忘れられるものでもなかった記憶は、未だに薄れてないけど、

その時の感情や痛みは和らぐものなんだな。


一生忘れないけど、一生忘れたいと思うだろうな。


たまに思い出して、自分で自分を苦しくしてしまう。


ビールで流し込んで寝るのが吉。


春とビール。

私は毎年、春の訪れを感じ取るとドキドキする。


風が少し柔らかくなって、

明るい陽射しに心が弾むのを抑えられなくなったら

朝から気分良くシーツの洗濯をして、お昼からお散歩するのが休日の幸せ。


帰って来たら窓を開けてビールを飲む。好きな歌を口ずさむ。だいたい童謡。



季節をビールで感じるのもいい。


https://www.instagram.com/p/BR7mnTUgmw2/

春を迎えに。

タップルームとビール。

またゆっくり時間をかけて文字にしたいなと思いますが、

京都醸造タップルームは私のホームです。



あそこで飲むビールが一番美味しいのは

毎週土日が楽しみだったのは


クルーと一緒に楽しく話をしながら、初めて会う人同士でもわいわいとビールを飲む一体感が好きだから。


京都醸造のビールが飲みたくて、最寄り駅から15分かけて歩いてきた他のお客さんたちのことも

私と同じようにわくわくしながらあの道を歩いてきたんやろうなあと想像するだけで

もうそれだけでなんか、友達のように感じてしまう。



奈良から一時間半かけて通う。

毎週土日は京都醸造

それが私の一番の楽しみでした。

(途中から私は京都に移り住み、チャリで遊びに行ってました。

もちろん帰りは自転車を押そうね)



今は北海道に住処を移したので、関西に住んでいた頃のように必ず毎週土日に訪問するということは叶わなくなりました。


すごく寂しい気持ちと、当たり前に毎週美味しいビールを飲めてたという有り難さ

今でもまだ慣れませんが


だけど、

関西帰るわー

の一言で、京都醸造の常連さん達が集まってくれるし、

タップルームのクルーも歓迎してくれて、居心地が良い場所を作ってくれます。


あそこにいれば、時間を忘れて笑っていられて、お昼に来たはずなのに気づくと外が暗くなっていて、

ようやく長い時間が過ぎたことに気づきます




私の味覚なんて頼りないのです。


飲む場所、飲む人、飲むときの気分で、美味しいものは更に美味しく感じるし、なんなら美味しくなくても美味しく感じるいい意味でアホな味覚です。


もちろん京都醸造のビールは美味しいから、タップルームで飲むと普段ビアバーで飲むよりも美味しさが何十倍にも膨れ上がって、下手すると破裂しちゃいます。


京都醸造のメンバーとビールへの溢れる愛は

私のことを「しょうこはうちのナンバー1ファン」

というメンバーの言葉からも伝わることでしょう。


これからも私のホームにさせてね。

また帰るね。https://www.instagram.com/p/BRyLHh3A8DF/

みんな来る前に来て、みんな帰ってから帰る

掃除機もかけた!いつも楽しい時間をありがとう

フライングとビール。

https://www.instagram.com/p/BRzuqv3gjgj/

フライングって、

陸上・水泳競技などで、出発合図以前にスタートすること


で、発売日より先に商品を購入するときにフライングゲットなんていう言葉に使われたりしてる

私も普通にフラゲとか言っちゃう。


欲しいものを誰よりも先に手に入れたい欲求って多かれ少なかれみんなあるんだよなあ

フライングゲット


気持ちが前へ前へとはやるからフライングしちゃうんだよなあ。

運動会のかけっこでもフライングしちゃったなあ


大好きなお店のオープン時間から入りたくて、嬉しいから早足になっちゃって、そしたら予定より早く着いちゃって、

でもそれは愛情が溢れすぎてる結果なんだよーってこと。




ビールを飲みたいことは言わずもがな

お店のみんなに会いたい気持ちが私の足を前へ前へと急がせる。




また来たよ。フライングゲット🍺#クラフトビールキッチンPOGO

朝とビール。

普段ビールを飲むのは陽が落ちてから

仕事を終えて仲間と杯をかわしたり、帰宅して急いで冷蔵庫へ向かい、喉の渇きを一気に癒したり。

思い出しただけでもたまらない。

だけど私が好きなのは明るいうちから飲むビール。

しかも平日に。



今はカレンダーの数字の色や時間にあまりとらわれない生活をしているのだけれど

それでもやっぱり、平日の明るい時間に飲むビールは最高としか思えない。



大多数の人が働いていて、飲みたくても飲めない時間に


ぷしゅっと開けちゃうあの瞬間

ごくりと喉を鳴らすあの瞬間


優越感にも似た感情と、いけないことをしているような背徳感がうまれる。

あのなんともいえない気持ちの高揚が、私の喉へビールをどんどん流し込む



疲れた身体に染み渡る一杯

ではないけれど、朝に飲むピルスナーの爽快感はたまらない。


それは最&高なのである。




https://www.instagram.com/p/BRuG_FiApC2/

朝ごはんに青鬼ピルスナー🍺帰るぜ関西♪(´ε` )

泡とhour。

こんもりと膨らんだ白い優しさ
守ってくれてありがとう。

モロッコとビール。

国によってビールの楽しみかたも違った。




https://www.instagram.com/p/BRnAesvA80d/

モロッコに行ったのは二年前の今日。一人で海外行ったことなかったけど、三年前にネットで見たこの街へどうしても行ってみたくて、自分で全部手配して出国しました。英語もできひんしアラビア語なんかわかるわけなくて、トラブルも怖い目にあうこともあったけどでもローカルバスを乗り継いで1日かけて行った青の街の景色は一生忘れないと思います。加工なしでも充分青いですが、実際の青の鮮やかさは画面を通して見るより断然綺麗で、苦労して時間をかけて行った甲斐があった。気になるものは直接触れたい。会いたい、確かめたい。五感全部で理解したいタイプです。軸足残したままの行動が多くなってきたなあと実感する近頃の生活ですが、これからも自分の欲求に素直に、フットワーク軽く生きていきたいなあ。