読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビールに恋して。

ビール女子しょうこの心中だらだら垂れ流し。

鬼伝説とビール。

今日、ダウンコートとヒートテックを着ずに外出しました。

ようやく私の住む街にも春らしい風を感じられました



こないだ鬼伝説のビール工場に遊びに行った時はまだコートを着ていて、それでも

日差しに柔らかさを感じたので、帰りは歩いた。

(ほろ酔いだったので身体がぽかぽかしていたという説もある)



この日は、アザーハーフというなかなか貴重なビールをシェアしてもらいました。

ニューイングランドスタイルというスタイルです。


噂で聞いていた通りホップジュースなのか。

ドキドキして飲むと、確かにホップジュースでした。

甘くて美味しかった!


鬼伝説でもこのニューイングランドスタイルのビールをつくってほしいーとお願いしたので、みんな期待しましょう。



私、インスタには色々なビールの写真をアップしていますが、アップしていない日は鬼伝説ビール飲んでます。

毎日同じ写真になっちゃうのでアップしてないけど。


ピルスナー、レッドエール、フランボワーズ、ストロベリー、ペールエールが鬼伝説の通年商品で、よく飲むのはピルスナーとレッドエールとペールエール。


その中でも特に金鬼ペールエール(通称金鬼)の美味しさったらもう…ね。

語彙力足りないから説明できないけど、1番伝わることばで言うならば


美味い。

です。


毎回使うホップを変えているからその度に少し印象が変わるけど、基本的な美味しい味がぶれない。


香りが微妙に違ったり、ジューシーさが際立つ時があったり、少し苦味が強い時があったり。



いろんなホップのバージョンがあるけど、5種類のホップ使ったやつ(SPバージョン?)、なまら美味いわ。おすすめです



あと、先日ブリュワーズカップで日本1🇯🇵(世界で4位)に選ばれた最強のIPA

鬼は外IPAがたまらなかった!

初めて飲んだ時、こりゃ優勝するわって思ってんよなあ。


とは言え

自分がめちゃくちゃ美味しいって思えても、隣の人は苦手かもしれないものが味。

だから、多くの人の共感を得られる味を造るって難しいと思うなあー。

そういう意味で受賞はほんとすごいこと。おめでとうございます。



鬼は外IPAは、

モザイクホップの良さを最大限に引き出すってこうゆうこと!

と感じたビールだった。

香りがものすごく良くてね、口に入れるととろんと甘くて、丸くて、少しビター。


…思い返したらまた飲みたくなるからやめよう。



ビールってホップを多量に使えば香りもがっつりつくだろうし、苦くなるだろうけども、

鬼伝説はホップの量でなく、技で香りづけ苦味づけをしているのが印象的だったな。


ホップのコストを減らしたら、その分手間はかかるからその辺はさじ加減しながらやってるよーと柴田さん。


なるほどなー。

そんなビール話をしながら、

まだ誰も飲んだことないビールを頂いたり。へへへー



大都市からは遠い温泉町で、こんな美味しいビールが造られて、

これからも新しい”美味しい”が造られようとしていて。


大きな可能性を感じられました。


タンク増設されてもっともっとビールの供給が増えますように(切実)




https://www.instagram.com/p/BSNq0cHgE42/

左から新人ブルワー森くん、皆さんご存知、ヘッドブルワー柴田さん、そして柴田さんと二人三脚で鬼伝説を支えてきたブルワー山本さん!いつも美味しいビールをありがとうございます。鬼伝説大好きな私にとって最高の時間でした。また遊ぼー( ´ ▽ ` )ノ#いんでないかい#鬼伝説#仕込みにお邪魔する酔っ払い